開発

豆乳と青汁で抹茶に似ている

豊富な栄養素が手軽に摂れる青汁ですが、その独特の苦味やにおい、えぐみが苦手という方も少なくはありません。
そんな方におすすめなのが砂糖やはちみつを加えるアレンジですが、他にも牛乳や豆乳で割るアレンジの飲み方があります。
では牛乳で割る飲み方と豆乳で割る飲み方ではどう違ってくるのでしょうか。

やはり一番の違いとは、味でしょう。
青汁は牛乳で割る飲み方よりも、豆乳で割る方が甘みが増して飲みやすいと言われています。
青汁独特の苦味やにおいが豆乳の味やにおいにより消されて、抹茶のようにも感じる、飲みやすい甘さとなるようです。

豆乳にはもともとほんのり甘さがありますので、砂糖やはちみつなどを加えなくても自然な甘さになります。
また逆に、豆乳が苦手な方にも抹茶風味として飲めるという良い組み合わせになるとも言えます。
抹茶の苦さはなく、ほんのりとした優しい甘さの味ですので、飲みやすくもあります。

また、豆乳は栄養価が非常に優れた飲料ですので、青汁と合わせると健康にも良いですね。
牛乳アレルギーの方にも豆乳は安全に飲めますので、日々の習慣としても安心です。
青汁の味が苦手だというお子様や若い女性にも、豆乳で割る飲み方はおすすめです。


このページの先頭へ