開発

青汁はケールを使用している

青汁と言えばケール配合http://www.sldbrass.com/keru.htmlのイメージを持っている方も多いようです。
ケール自体も余り馴染みのない野菜で、青汁以外に使われているかというと咄嗟には思い浮かびませんよね。
実際は必ずケールが配合されているという訳ではなく、他にも明日葉の青汁、大麦若葉の青汁などがあり、ケールが配合されていない青汁も沢山あります。

とはいえ、ケールの青汁はとても人気があり、また栄養面での効果も優れているのです。
ケールはキャベツの原種であるヤセイカンランに比較的近く、育てる土地が温暖な気候であれば一年中栽培可能で収穫量も多く、保有するビタミンや栄養にも優れていて緑黄色野菜の中でもトップクラスにあるとされています。
簡単に言うならば栄養が満点なキャベツの親戚、というところでしょうか。

ケールが保有する栄養価は非常に高くて、ビタミンAはニンジンの約2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上もあるのです。
その他の栄養にも優れており、ミネラルや葉緑素、GABA、食物繊維に葉酸、たんぱく質まで豊富に含んでいます。
そしてそのケールの持つ豊富な栄養を凝縮し吸収しやすくしたものなのです。
青汁には必ずケールが含まれている訳ではありませんが、ケールが配合された青汁は栄養面でも優れているので、ケール配合の青汁はダイエットhttp://www.sodamail.com/yar.htmlにもオススメの一品です。

このページの先頭へ