開発

青汁を料理に混ぜて使用する

青汁といえば青臭さや苦味で飲みにくいというイメージがありますね。
そして、飲みやすくするためのアレンジも色々あります。
牛乳や豆乳に混ぜる、はちみつやきなこを入れる他にも、料理に混ぜて使うアレンジがあります。

しかし青汁は健康食品ですから、他の料理に混ぜても大丈夫だろうか、栄養が壊れないか……という心配もあるかと思います。
実際、冷凍タイプの青汁は栄養素をそのままに冷凍して凝縮していますので、熱を通すと少し壊れてしまう栄養もあります。
なので、冷凍タイプは料理に混ぜるのではなく出来ればそのまま飲むのがおすすめです。

しかし粉末タイプは溶けやすい粉状になっていますので、色んな料理に混ぜることができます。
青汁の力で混ぜたものはあざやかな緑色になりますが、逆に抹茶風味になってとても食べやすいのです。
ホットケーキに混ぜると、ホットケーキの持つ甘みが青汁の独特の苦味や青臭さを消してくれますし、ポタージュスープに混ぜるとグリーンポタージュのようになります。

他の料理も同じ色になるので、緑色だとおかしく見えてしまうのではという不安もあるでしょう。
ですが、緑色の料理は意外と多く、カレーにしてもグリーンカレーがありますし、ほうれん草味のパスタや抹茶味の麺のように身近にも結構存在しているのです。
青汁のアレンジレシピは様々なものがありますので、ぜひ試してみてくださいね。

このページの先頭へ