開発

青汁に使用される葉について

青汁には野菜の栄養がたっぷり含まれており、健康や美容のための補助食品としても優れ、更にはアレルギーの体質改善にも効果的です。
では、その青汁の原材料として使われている野菜そのものは、いったいどんなものでしょうか。
青汁の原材料http://www.boilerhouserestaurant.com/vegetables.htmlと言うと幾つかの野菜が挙げられますが、まず一番有名なのがケールですね。

ケールはキャベツの原種に近い野菜で、ビタミンの含有量が数ある緑黄色野菜の中でも特に豊富で、食物繊維も多く含まれているので便秘の解消にも一役買っています。
更にケールに含まれている栄養素は緑内障予防の効果があるとも言われています。
ケールと同じくらい有名な大麦若葉は、穀物の大麦をまだ若い時期に収穫したものを指します。

大麦若葉はケールと同じくらいの豊富な栄養素を含んでおり、そのうえケールの難点である独特の苦味や青臭さが薄く、青汁にした際に飲みやすいという特徴があります。
SOD酵素という栄養素も含んでおり、抗酸化作用があり、生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果的とされています。
そしてケール、大麦若葉と並び有名なのが明日葉です。

明日葉http://www.badmintonvm.com/Calorie.htmlは実はケールよりも栄養素の保有量に優れており、カルコンというポリフェノールの一種の成分や、クマリンという抗菌作用を持つ成分を含んでおり、こちらも生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果を発揮するとされています。
青汁に使われている葉はどれも豊富な栄養素を含んでいるのですね。

このページの先頭へ